Switch『あつまれ どうぶつの森』感想・レビュー

あつ森スタッフロール見ました。ここを一区切りとしてレビューしたいと思います。

 

評価:S(傑作)

 

f:id:ooohara_cha:20200502143935j:plain

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game
 

 

目次

評価点

全てがパワーアップした『どう森

 3DSの『とびだせ どうぶつの森』は、プレイヤー自身が村長となって村を作り込むことが出来ましたが、本作は更にそれが更にパワーアップしています。

 

家具が外にも置けるようになったのは本当にやってくれました。ティータイムを楽しめる庭だったり遊具がたくさんある公園なんかを作るのが楽しくて仕方ありません。家具なので取り外しだったり移動が簡単で煩わしくないのも高ポイント。

 

おそらくカイゾーの家具リメイクの発展型であろうDIYも概ね好印象です。まさかどう森で素材集めに奔走されられるとは思いませんでしたが、作風に意外とマッチしていて日々のルーティンに上手く組み込まれています。

 

そして、個人的に一番驚いたのがスタッフロール後に追加される「島クリエイター」。ついに地形までも自分でいじれるようになりました。結構癖のある仕様でしたが、使いこなせると冗談抜きで思い描いた最強のどうぶつの森が作れます。地形に関しては聖域だと思っていたのでDirectを見たときは非常に衝撃を受けましたね。

 

他にもありとあらゆる面が進化しており、時間の溶けまくるスローライフが楽しめるようになりました。

 

取り返しのつかない要素の少なさ

本作はびっくりするほど何でも自分で決められます。島民の家の位置だけでなく、子狸の商店や博物館といった施設の場所もプレイヤーに委ねられ、景観重視や利便性重視など好みに合わせて島を発展させることが可能です。

 

そして、設置した建物ですが、今作は好きなタイミングで好きな場所に移すことが出来ます。お金はかかってしまいますが、おかげで位置決めだけに1日を費やさずに住みました。

 

このように『あつまれ』では一度決めたことを後から変更できることがたくさんあります。前述した通り地形も好き放題でき、性別までも変更可能で、プレイしていくうちに取り返しのつかない要素で萎えてしまう心配がほぼ皆無です。こだわっておけばいいのは広場の位置くらいでしょうか(広場は例外的に変更不可)。

 

自分で選べる故に失敗したときの後悔は大きいものですが、『あつまれ』はその点を上手くフォローしています。

 

ジオラマのようなグラフィック

f:id:ooohara_cha:20200502144239j:plain

f:id:ooohara_cha:20200502144216j:plain

 どうぶつの森シリーズもハードがSwitchに移ったことで高精細のグラフィックを実現できるようになりました。(一応WiiUに『amiiboフェスティバル』というスピンオフ作品がありますが、グラフィックについて議論するに値しません。)

 

性能が向上したからといって所謂「リアル調」のグラフィックになるのではなく、ジオラマチックなグラフィックと進化し、これがどうぶつの森の世界観に見事にハマっています。こだわり抜いた島がジオラマのように表現されることで「自分の手の中にある感」がたまりません。

 

しかし、サカナやムシといった生物に関してはかなり気合の入ったグラフィックとなっていて相当面白いです。クモなんかは嫌悪感を表すほど。

 

問題点

どうぐの仕様

今作の「どうぐ」は『ファイアーエムブレム』シリーズや『ゼルダの伝説BoW』のように耐久度があり、使っていると壊れてしまいます。これが結構体験を損ねていると感じました。大きな魚影が見えているのに直前で壊れたせいで釣れなかったり、岩を叩いている途中に壊れたりすると相当イライラします。

 

壊れるタイミングによっては進行不能となる「はしご」や「たかとびぼう」は都合よく壊れないのですから、他のどうぐも都合よくしてよかったのでは?と思わずにはいられません。

 

シリーズおなじみのきんのどうぐもありますが、なんとこれも使っていると壊れてしまいます。これは流石に意味不明ですね。下位のどうぐと同じように壊れるのなら特別感がまったくありません。

 

細かい所の不便さ

本作はいわゆるかゆいところに手が届いた配慮がされていますが、要所要所でかゆいところが残っています。

 

私が特に不便に感じたのはDIYの仕様です。大型の家具でもどうぐでも一つずつしか作れません。どうぐやまきエサは消費が激しくてたくさん必要になるのにボタン連打で数を増やさないといけないのはどう考えてもナンセンスです。家具も物によっては数要るのでやっぱり不便です。種や家具の購入においても個数指定ができたらもっと良いでしょうね。

 

様々な改善がされ、本当によく行き届いた完成度だと思いますが、細かいところで不便を強いられています。ただ、私が挙げた点は今後のアップデートで改善される気も。

 

総評

 『とび森』の発売から8年、待ちに待った完全新作ですが、そのクオリティは上がりに上がったハードルを優に超える素晴らしいものでした。遥かに自由度の上がった島で気ままなスローライフが楽しめます。

 

私はこれからとことん区画を整備して、島いっぱいに道路を敷きながらカタログを埋めていく予定。

 

前作の例を見ると、かなり長期のアップデートも期待できるでしょうからそれも楽しみです。

 

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game
 
Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game
 

 

余談:序盤の金策

おまけとしてお金稼ぎの方法を紹介します。ちょっと調べれば山のように出てきますが私の稼ぎ方は、

  1. 釣りをしながらマイルを貯める。
  2. マイルがある程度溜まったら離島へ繰り出す。

の繰り返しです。バグを使わないからやはり高く売れる生物が大量発生している離島を狙うのが一番なのではないでしょうか。

 

f:id:ooohara_cha:20200502144056j:plain

タランチュラ無限湧き

 

島では3月はめぼしいムシがいないので海釣りが一番です。雨の日はシーラカンス(15000ベル)が出るので、雨が降っていると積極的に狙いたいですね。ちなみに島へ繰り出す時期は手持ちが4段になってからがおすすめです。

 

発売から5日でエンディング時点で私が時間旅行を使っているのはバレているでしょうが、時を進めるのなら岩を叩いたり埋蔵金を使っていきたいところ。

 

(「バグを使わないなら」と言いましたが、なりふり構っていられない方はダンボールの上に高額商品を置いて2人で回しましょう。)