PC『暁の護衛 ~罪深き終末論~』感想・レビュー

暁の護衛 ~罪深き終末論~(トリニティ CE収録版)クリアしました。おすすめの攻略順は『麗華→薫→清美→朱美→舞』です。サブキャラはお好きなタイミングで。

 

評価:A(良作)

 

f:id:ooohara_cha:20200512084827p:plain

暁の護衛トリニティコンプリートエディション 通常版
 

 

目次

 

※以下ネタバレ

 

 

 

 

 

各ルート感想

共通ルート

無印やFDで投げっぱなしだった伏線が軒並み回収されて非常に気持ちよかったです。

f:id:ooohara_cha:20200910220628p:plain

f:id:ooohara_cha:20200910221654p:plain



 

死ぬほど新キャラが出てきて笑いました。

f:id:ooohara_cha:20200910221937p:plain

f:id:ooohara_cha:20200910222022p:plain
f:id:ooohara_cha:20200910221954p:plain

終わってみて考えると、ある一瞬だけ、あるルートだけ登場する使い捨てみたいな扱いのキャラが多かったのですが、とにかく数が多かったので圧倒されました。

 

そして共通がすっごく長かったです。無印の頃と比較して世界広がりでしょ。共通をやっているときは総決算の傑作に間違いないなと思っていました。

 

麗華ルート

 

無印とはパラレルの麗華ルートですが、正直微妙でした。というか麗華ルートを最初にクリアしなければならないのはナンセンスだと思います。どう考えてもルートロックかけてグランドルートにすべきでしたね。

 

温めに温めた親父も遂に登場したましたがあっさり流されておなじみ尻切れトンボエンド。 最高に気持ち良いエンドが見たかったです。

 

薫ルート

 

メイン昇格した男装ヒロイン。薫に関しては共通ルートの時点でやりたいことをすべてやった感があり、個別は麗華ルートとほとんど同じでしたね。 

 

清美ルート

f:id:ooohara_cha:20200910223140p:plain

キャラデザがGOD。一生通用するデザイン。

 

とにかく匂わせが多かったです。

 

 

朱美ルート

朱美はツキの行くとこまで行ってしまったバージョンって感じでしたね。

 

 

舞ルート

 舞ルートは禁止区域ルートの一部でセカンドOPがあるほど気合が入っていたのですが、ボリュームもそれに応える大作でした。このルートだと無印ヒロインは完全に空気になり、海斗が人を殺しまくっていて無印とは別ゲーに。確か無印ではなんだかんだ殺しはしていなかった気がします。

f:id:ooohara_cha:20200910224431p:plain

 

舞というヒロインも禁止区域ルートでしか描けないようなイカれた女で良かったです。 

 

が、禁止区域ルートで一番面白かったのは最後に無印ヒロイン達に適当な別れを告げるところ。

 

総評

共通や禁止区域ルートをプレイしているときは傑作間違いないと思っていたのですが、ヒロインを攻略する度、無印やFDと同じように急に迎えるエンディングに水を差され、これは良作止まりだよな…ってなりました。

よう実がものすごい人気なのは、結末を迎えていない連載中のラノベだからではないかと思います。そう考えると衣笠にとってラノベという媒介は相性抜群ですね。

 

暁の護衛トリニティコンプリートエディション 通常版
 
レミニセンス -Collectors Edition-

レミニセンス -Collectors Edition-

  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: DVD-ROM