WiiiU『Nintendo Land』感想・レビュー

ニンテンドーランドクリアしました。

 

評価:A(良作)

 

Nintendo Land - Wii U

Nintendo Land - Wii U

  • 発売日: 2012/12/08
  • メディア: Video Game
 

 

目次

評価点

対戦アトラクションが盛り上がる

友達が来ているときに一人ではプレイできない3種類の対戦アトラクションをざっと試したのですが、これがどれも常に盛り上がりました。

WiiUゲームパッド」vs「Wiiリモコン群」という構図がいい具合にそれぞれのプレイヤースキルを有耶無耶にしていて一方勝ちのひりつきがなかったのもポイントです。

 

ドンキーコングのクラッシュコース

個人的に本ソフトは8割このゲームが占めています。 

内容はゲームパッドを傾けて自機をゴールへ導くだけなのですが、繊細であったり大胆な操作が求められやみつきになる難易度でした。ちょっと激しく動かすとミスになるのですが、一見不可能に見えるようなショートカットも可能で、タイム・スコアの概念がその辺のトレードオフを実現していて見事です。

 

WiiUというハードの特徴を活かしつつ、ここまで面白いできたゲームは後にも先にもドンキーコングのクラッシュコースだけでしょうね。 

 

BGMがgood

任天堂のテーマパークがテーマのソフトなので、任天堂の往来の名作タイトルが数多く出典しています。そしてそのタイトルのBGMが本作用にアレンジされていてこれが非常に良かったです。

 

個人的なお気に入りはキャプテン・ファルコンのツイスターレースで流れるMUTE CITYのアレンジ。

 

問題点

一人では遊べないゲームがある

評価点に挙げた対戦アトラクションは、1人だとCPUと対決、ということにはならずプレイがそもそも不可能です。ゲームデザイン的にそれはしょうがないと理解はできるのですが、今から考えるとWiiUはオンラインがWiiと比べて随分進化していたのでなんとかなったんじゃないかと思わずにはいられません。

 

総評

ローンチタイトルである本タイトルは、Wiiの『はじめてのWii』に相当するんでしょうね。WiiUがどういうハードなのか紹介するにはもってこいのソフトです。といっても、このハード・この遊び方が求められていたのかと聞かれると怪しいですが。

 

 しかし、ドンキーコングのクラッシュコースはWiiUの傑作です。

 

Nintendo Land - Wii U

Nintendo Land - Wii U

  • 発売日: 2012/12/08
  • メディア: Video Game
 
1-2-Switch

1-2-Switch

  • 発売日: 2017/03/03
  • メディア: Video Game