PC『君が望む永遠 ~Latest Edition~』感想・レビュー

君望クリアしました。クリア時間は27時間です。

 

評価:S-(傑作-)

 

f:id:ooohara_cha:20210908084318p:plain

 

目次

ドロドロの三角関係

WHITE ALBUM2』の10年前にここまでの作品があったことに驚きました。

ヒロインを交通事故に遭わせて昏睡状態に陥らせるというライン超えみたいな展開からゴリゴリメンタルを持っていかれましたね。

 

20年前の作品故に古臭さを感じたり、主人公にイラつくことは多々ありますが完成度は非常に高いです。

 

また、かのマナマナや「ツンデレ」の始祖と呼ばれる大空寺あゆなど、見どころも多いです。

 

マブラヴの実質前作

舞台となる学園が同じなためか、マブラヴとは結構な繋がりがあります。

 

サブキャラとして登場する茜がピックアップされる榊ルートなんかは君望(とアカネマニアックス)をプレイしているとしていないでは面白さが大きく変わるでしょう。

 

逆に『Latest Edition』の3章はマブラヴ発売後に制作されたもので榊が出てきます。

 

したがって、「君望1,2章」->「マブラヴ」->「君望3章」の順番でプレイするのがオススメ。

 

総評

今、マブラヴ関連作をあらかたプレイした上でこのレビューを書いていますが、マブラヴを100%楽しむためにも是非プレイしてもらいたい作品です。

 

こう聞くと君望マブラヴの前座のように思えるかもしれませんが、全然そんなことなく、アニメ化されただけあって君望自体の持つパワーも相当なものです。(『君がいた季節』は完全に前座)

 

2021年現在、『君が望む永遠 Reboot』なんてものが出るかもと言われていますが、ビジュアルが今風になっていて涼宮遥さんがめちゃくちゃかわいいので発売されたら絶対プレイしたいですね。(発売されるかは知らん)